-勝手に 愛媛県・西条市を応援してます。西条市・西条祭り・だんじり・西条グルメ・西条の名所案内しまくるけん-

西条祭り 重そうなだんじりランキング 


コンニチハ。ぽんちゃんです。

西条祭りには
伊曽乃神社、石岡神社を合わせるとかなりの台数のだんじりがありますね。

だんじりの話になると必ず
「あそこのだんじりが一番重い。」
「あそこのだんじりは重たそう!!」
等など、

重量級だんじりの中でどこが一番重いんゾ?
という話になると思います。

そこで、
ぽんちゃんの想像で、勝手にランキングを発表します。
※あくまでぽんちゃんの想像です。実際の順位とは異なります。

とりあえずTOP10くらいまでランキング化してみました!!

重そうなだんじり -伊曽乃神社編-

第1位
福武 澤 だんじり
昭和59年建造
大工:小野俊和
彫刻師:片山乗明
彫刻:太閤記

このだんじりは、見た目も大きいし、重いんじゃないか?という評判も一番ではないでしょうか。
太鼓も大きいのがついとるらしいですし。

第2位
駅前本通りだんじり
昭和60年建造
大工:石水公親
彫刻師:石水信至
彫刻:武者絵

駅前本通りだんじりも背が高く、彫刻にも厚みがあり重そうですね。
ぽんちゃんの想像では第2位です。

第3位
富士見町だんじり
平成6年建造
大工:瀬尾晃
彫刻師:川人三郎
彫刻:源平合戦

伊曽乃かわんど会だんじりで新調ブームの最後に建てただんじり。川人会だんじりの中で一番大きく重そうです。

第4位
明神木だんじり
昭和58年建造
大工:松井司
彫刻師:土居工雪
彫刻:花鳥

明神木だんじりを選んだ理由は、ごつい破風の巻龍と、緻密ながら深さのある彫りです。パッと見重そうです。

第5位
上喜多川だんじり
昭和58年建造
大工:金森正一
彫刻師:土居工雪
彫刻:武者絵

上喜多川だんじりの破風の龍も大きく立派です。見るからに重そうです。

第6位
朝日町だんじり
昭和59年建造
大工:難波江英明
彫刻師:土居工雪
彫刻:花鳥

3台続けて、土居工雪さんが彫っただんじりがランクイン。彫りが繊細で大きく見えますね!!

第7位
福武天皇だんじり
昭和4年建造
大工:石川甚助
彫刻師:近藤泰山
彫刻:武者絵

天皇だんじりは、新調ブームのだんじりではありませんが大きさと、塗りであることを考慮すると重いだんじりだと思います。

第8位
御所通だんじり
昭和63年建造
大工:金森正一
彫刻師:川人三郎
彫刻:武者絵

御所通だんじりを選んだ理由は、厚みのある彫りと、尚且彫りの隙間の少なさからです。黒の透かしが遠くからは分からない位隙間が少ないです。

第9位
魚屋町だんじり
平成5年建造
大工:金森正一
彫刻師:石水信至・土居工雪・白石直樹・下崎義光
彫刻:花鳥・琴棋書画

魚屋町だんじりは、先代の2階屋台も大きかったですが、現屋台も大きな上に塗りであるためかなり重たいだんじりだと思います。

第10位
安知生だんじり
昭和57年建造
大工:近藤富士男
彫刻師:植村旭峯
彫刻:花鳥
安知生だんじりも大柄で彫りもごつく重そうに見えます。

以上、ぽんちゃんが選ぶ
伊曽乃神社 重そうなだんじり勝手にランキングです。

如何でしょうか?

こうして見ると

花鳥彫りのだんじりは重そうに見えたり、
川人さん、土居さんの手がけただんじりも重そうだったり

共通点が見えますね。

ただ、何度も言いますが、
ぽんちゃんの独断と偏見で選んだランキングに過ぎません。

実際は、違う順位になると思います。

花集めの時に、
我がとこは重いぞというだんじりが集まって
重さ比べしてみたら面白いでしょうね!!

☟応援してね☟

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。