-勝手に 愛媛県・西条市を応援してます。西条市・西条祭り・だんじり・西条グルメ・西条の名所案内しまくるけん-

近藤篤山旧邸 土塀修復状況報告 -西条市からのお知らせ-




いつも応援ありがとうございます。 にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 西条情報へコンニチハ 。ぽんちゃんです。

今回は西条市からのお知らせです。(勝手に!!)

県指定文化財の武家屋敷である近藤篤山旧邸(新屋敷)の土塀が2014年8月の台風で破損し、その土塀の修復工事が今年の7月より本格的に

始まりました。

11219033_820651508049808_375938637954328684_n11891197_820651588049800_1708067267834961929_n

11221349_820651634716462_8516268433618430753_n

【続報】
表面に覆われていた塗の部分を落とすと、壁の本体が見えてきました。
壁は、地層のように築かれており、間に石もしくは瓦を挟むように積み上げられていました。

よく見ると、場所により築き方や間に挟まる石と瓦の違い、また、土の種類も違うことがわかりました。

詳しく調べてはいませんが、写真のように特徴が違っています。

Aの部分以外は間に瓦を挟み込んでおり、積み方も雑に見えます(土の層が平行でない)。Aの箇所は未だにどっしりと安定したように感じられるのに対し、それ以外の箇所は水による浸食や、積み方そのものに不安定さも感じられます。

今回倒壊した部分はEの場所の隣に位置し、倒壊の原因は、もしかすると過去の修復作業の内容も影響していたのかもしれません…あくまでも推測ですが。

つづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。